--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
07.22

こだわってますよ♪

Category: 工法について
月曜日 016
こだわってます♪





Mi-mi wood craft の  要するに私が作る作品によく見られる

てか そのほとんどに見られる

↑↑ のような 木目を浮き立たせる仕上げ


勝手に  <ゼブラ仕上げ>  などと呼んでおりますが


ちょくちょく  仕上げる工程をお問い合わせいただくので

以前も何度か紹介したのですが  ふたたび~


いや  そんなに小難しいことやっているわけではないのです

ちょっと  木  を触る方なら

ご存知の方多い手法なのです


ただ  手間はかかります  ほこりもたちます  鼻の穴も黒くなります


丸めたティッシュを  鼻の穴にねじ込んで  

しばらく  ねじねじした後に取り出した

その  真っ黒けになったティッシュを見て  ビックリしたい方は

レッツ チャレンジ~♪★





エイジング5
昨年の春画像





まずは  木目を浮き立たせたい部分を ↑↑ のように

焦がします  てか  ほぼ  燃やします 


木面は  木目になる部分は硬く  それ以外は比較的柔らかいので

燃やすことによって  柔らかい部分がたくさん焼けて

硬い木目の部分が  浮き立ってでこぼこになります


後の工程で  塗装をした後に  表面をやすりがけするのですが

そのときに 硬い部分だけが塗装が取れて

黒い木目だけが浮き立つのです


この場合  焼きが <甘い> と

黒い木目が出ず  木の地色が出て  迫力や存在感に欠ける仕上がりになります


ま  それもお好みですが♪





がしがしがしがし





よく焼いたあとは  表面の <すす> を落とすために

真鍮のワイヤブラシを使って  ひたすらがしがしがしがしと  ブラッシングします


すすが  ぶわ~っと舞い上がるので  工房の中では出来ません

外でやるにしても 

ご近所さんや  自分ちの  洗濯物の具合などを確認し

風向きを考えて場所取りをしないと  後でクレームがきます


↑↑の画像は  先週末の画像なのですが

この  クソ暑い中  日なたで作業しているのはそのためです





せなかごし
腕まっくろくろすけ





この時期は  汗  も尋常じゃないので

すすが  皮膚のいたるところにへばりつきます

舞い上がったすすが  若干奥目の目のくぼみに溜まって

パンダのようになったりもします



はい  この工程が一番ユウウツです





エイジング6





しかし  この  すす落としをおろそかにすると

塗装のときに  黒いすすが混じったりして

後悔することになるので  おろそかにできません




手が太い
ま だいたい いつも こんなかんじです




すすを落とした後は  雑巾ですすを拭き取ります

3度くらい  雑巾を洗い直して拭きあげないと綺麗になりません




エイジング9






よく乾かした後は  塗装です☆






エイジング13





画像  真っ白に塗り上がっていますが

下地が  真っ黒  なのと  焼いた木面は  塗料をよく吸いこむので

下地を隠すために  少なくとも  3度  は塗り重ねします


<プライマー> という  下地調整剤もあるのですが

ぼくのばあいは  同じ塗料を単純に重ね塗りします


塗り色と  黒い木目のコントラストが命なので

きっちり黒い下地が隠れるまで塗りつぶします





エイジング14




塗装がよく乾いたら  サンディング(やすりがけ)です

全体を  サンダーでラフに削った後

微妙な木目の調整は  お好みとその日の気分で  手で仕上げます

これまた雑巾で  やすりカスを拭き取りながら仕上げます


いい木目が出るように  

カットの時点である程度  粘り強く選定して木面を選びますが

最終で  思惑通りのよい木目が  白い部分に浮き立ってくる時

一番   カンド~  する瞬間です♪





月曜日 015
けっこう手間をかけているのです♪




ぼくは  組み立てに高級な技法は追い求めない主義です  が

こういう手間はかけてます  てか  好きなんです♪


↑↑  ↓↓ は

イベントでよくご一緒する作家さんから  シェルフをご注文頂いて

約4ヶ月お待たせして  先週やっと完成したものです



すいませんおまたせしました  こんなんでいいですか~?






月曜日 014





おっと  ゼブラ仕上げの雰囲気がわかりにくい画像になってしまいましたね



実際に  ギロギロと  ゼブラ仕上げをご覧になりたい方は~



コチラでご覧になれます☆  ↓↓




サマーロハスフェスタ&イルミナイト



さあ  来週からいよいよ  恒例の夜製作開始~♪

ドラゴンズがもう少し  ピリッ  としてくれたら

もう少し  ピリッ  と  気合が入るんだけどな   クソー




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mimicraft.blog97.fc2.com/tb.php/140-aadb8981
トラックバック
コメント
おっはよ~ごじゃいま~す(*^^*)
テンプレ変えたのですね♪
こちらもスッキリしていてイイ感じデス。

ゼブラ加工の工程、とってもワクワクしながら見ました!
こういう施工過程とか見るの大好き♪
一瞬、ベランダでやってみたい・・・
と妄想してしましたが、即、却下です・・・ね。こりゃ^^;
マンション中から洗濯物が真っ黒けのクレームがきちゃいます。。

3388さんの黒い汗と愛が込められてるから、こんなに素敵に仕上がってるんだぁ~(*´∇`*) と、ウチのシェルフをガン見☆

猛暑酷暑の中、熱中症などにならない様に気をつけて下さいね!
熱中症は40代50代の働き盛りの男性がなりやすい・・・って今テレビで言ってるぅ~。
水分補給はこまめにネ(^^)ノ!
ゆかこdot 2008.07.22 06:32 | 編集
社長っ、すごいです~~。
手間めっちゃかかってます~~~。
よっ、職人♪

既製品と違って、こういう丁寧な仕上げがハンドメイドのよさだねえ。
長く使ってもらうためにも、熱中症に気をつけてがんばれ社長!
じみ主婦dot 2008.07.22 10:15 | 編集
うわっw
暑そう~~~><

私なんて、冷房のきいた部屋で料理するのですら
苦痛やのに><

ホンマ、熱中症だけ気をつけないとダメですよ!!
ヒスママdot 2008.07.22 15:16 | 編集
どこで作業しとんねんどこで!

ワタシ、近所でのこぎりとかバーナーとか持ってマスクつけた人相の悪いおっさんがうろうろしてたら即座に通報する。
キャデラックdot 2008.07.22 23:04 | 編集
コメントありがとうございます♪


☆ ゆかこさま ☆

ベランダはチトしんどいな~ バーナーも使うしね~

ホームセンターでも <焼杉> は売ってるけど

やっぱちょっと <焼き> が 甘くて

こういう仕上がりにはならんのよ~


黒い汗染み込んでまっせ~ 

おまけにこの時期なら 蚊取り線香のフレーバーもお付けしております♪



☆ じみ主婦さま ☆

これはこれは本部長 ご無沙汰しております

例のブツ ただカットするだけなのにお待たせしてすいません


この仕上げは 既製品では今日現在見たことはありません

DIY雑誌に何度か手法が紹介されてから

少し 広まるかな~? と 思ったのですが 

クラフト系のイベントとかでも ほとんど見ませんね~

オリジナルじゃないけど オリジナルでっせー☆



☆ ヒスママさま ☆

いや~ 冷房が効いていても コンロの前は暑いでしょう

わしが 熱い食べ物が好きなので(夏でも鍋ね) うちのヨメも苦労しています

ヒスママこそ お弁当デコに集中するあまり

台所で熱中症で卒倒 って ことにならんように

エアコンがんがん効かせて 頑張って☆



☆ キャデラックさま ☆

いや~ 通報されないようになるまで

やはり下積みがあるのですよ~

最近では このスタイルでわしが家の周りをウロウロするのは

付近住民様の 週末日常風景となっております



何年前だろ 七夕の前にね

近所のヨメ方の親戚筋保有の竹やぶに 竹 もらいに行ったとき

のこぎりの手元が狂って 親指をかなり深く切っちゃって

血が噴出したんで 口にくわえたら 

口の周りと 白いTシャツの首周りが 血だらけになっちゃって

その状態で 長い竹とのこぎりかついで 家まで徒歩帰宅したときは

さすがにすれ違う人に 引きつった顔で避けられました~


だいじょうぶよ 人相悪いけど 人畜無害だから

 

  
3388dot 2008.07.23 14:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。