--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
04.18

おもうところはあるが

Category: 作品紹介




いろいろとおもうところはあるが  ここにはしるさぬ  がまんがまん




seisaku.jpg





熊本実家エリアの状況を  NHKラジオで情報収集しつつ


ひさしぶりに 長時間集中して作業できた


最近はあらゆる煩悩に負けっぱなしで


「さて  ひさしぶりに作るか!」  という気になっても


3~4時間で  やーめた  といったポンコツっぷりだったが


すぐになにができるわけでもないという焦燥感が


そのかわりの行為として  製作意欲を持ち上げてくれたようである


なんだかなー





よーし  いそがしくなるぞ  やってやるぜ





marushe.jpg


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mimicraft.blog97.fc2.com/tb.php/374-5e09e4cd
トラックバック
コメント
ご無沙汰しておりますm(_ _)m
ご実家のほうは、大丈夫でしたでしょうか?
ブログ更新されて、記事が製作記事で少しほっとしましたが、ライフラインや食料、水、道路事情などなど、震災の大変さはよくわかりますので、心配です。。。
3.11の震災後は、交通機関がストップし、なかなか実家に帰れず遠くから心配する事しか出来なかった事を思い出しました。。

ゆかこdot 2016.04.19 07:59 | 編集
☆コメントありがとうございます☆

<ゆかこさま>

こちらこそ ごぶさたしております m(_ _)m


実家のエリアは 県内でも比較的被害の少ないエリアで

家も見た目は大丈夫 

幸いなことに電気も途切れることもなく

(水道は地下水くみあげ式なので 電気さえ通っていれば大丈夫)

覚悟を決めて なんとしてでも帰らねば! って程でもなく

父親は 「焼酎の在庫がいっぱいあるから大丈夫!」

なんて のんきな事を言うし もー

かえってなんだか やきもき度 が 募る状況ではあります


良い悪いは置いといて 

父の周りには 常々本音でやり取りをする親戚や友達がたくさんいるので

それらの方々とも連絡は密にして 

これ以上の 本震? が来ないよう びびびと強い念を送り

いちばん良いタイミングで帰ろうと思っているところです


たくさん被災された方々がいるということも もちろんこころ痛むところですが

個人的にいちばんショックだったのは 熊本城の惨状です


刀折れ矢尽き 致命傷を負いながら

己の意地のみで仁王立つ 手負いのもののふ に見えて

TVでその姿が映るたび 泣けてきてしょうがありません


3388dot 2016.04.19 10:01 | 編集
ご実家の皆さん、ご無事で安心しました。
ただ、余震が頻繁にあるので、気を付けて下さい。
やっぱりこれが本震でした!!なんてのがきたら大変です。。
実家では、震災時、お水の確保がとても大変でしたので、お水があるのは本当に良かったです!
父は毎日テレビにかじりつき、メモをとりながら、支援物資がなかなか届かないのに腹を立てながら、被災地の様子をみています。
熊本城の様子もメモしていました。
どうにか持ちこたえて、お城が残ってくれることを祈ります。
ゆかこdot 2016.04.19 12:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。